笠木付ドライアンカー工法

躯体笠木とドライアンカー工法を組み合わせて 取り付ける工法です。
美観をよくすると同時に、 コンクリート躯体を雨などから守ります。

※笠木付ドライアンカー工法は61型 BLの手すり子タイプに対応しています。

特長

耐久性の優れたオールアルミ構造
スチール(鉄)部品を一切使わないオールアルミ構造により耐候性・耐食性に優れ、安定した品質を維持します。
豊富なサイズバリエーション
笠木幅25mmごとに5サイズ(1 7 5・2 0 0・2 2 5・2 5 0・2 7 5 )を取りそろえています。
躯体幅に応じてフィットした笠木をお選びいただけます。
二重の防水パッキンで止水対策(ダブルパッキン)
ボルトの上・下部に2 つの防水パッキンを取り付けることで、より高い防水効果を発揮し、雨などによる水の浸入を抑えます。
いたずら防止キャップ
いたずらやけがを未然に防止します。
ページトップへ