ファインマスター/ファインスリム

ファインマスター/ファインスリム

機能と性能を兼ね備えたスマートなアルミ手すり達

建物のデザインを構成する大切な要素、そして人々の安全を守る大切な役割。長年の経験と研究に基づき、美しくも人々の安全を守る究極の機能美を実現。

特長

Concept

シンプル+機能・性能

●ファインマスター
強靭でなければ人々の安全を守れない。美しくなければ建物の価値を高められない。
数えきれないブラッシュアップを重ね、ワンランク上の強さとスマートデザインを両立。
究極の機能美を追求したマスターモデル「ファインマスター」。アルミ手すりの常識は変わった。

●ファインスリム
スリム・コンパクトであることは、脆弱であることの理由にはならない。
独自の構造に宿る強さは、アルミ手すりの新たなスタンダードを目指した技術の結晶。
真の違いがわかるプロに選ばれたい。これが「ファインスリム」の思い。

Feature

Lineup

ファインマスターHB
業界最高クラスの耐風圧性能

超高層マンションにも適応する、耐風圧5,000N/㎡を実現しました。

BL認定を取得

長期にわたり商品および、施工瑕疵による損害賠償をカバーするBL保険が得られます。

BLマーク証紙例

WEBカタログを見る

ファインマスターCB
先付ドライアンカー工法

寒冷地向けに特化したPC造専用の乾式工法です。躯体内への雨水浸入と凍害を抑制する工法です。
躯体に埋設されたインサートにドライアンカーをボルト固定し取り付けます。
モルタルや接着剤は使用しないので、施工時に天候や気温の影響を受けにくくなっています。

BL認定を取得

長期にわたり商品および、施工瑕疵による損害賠償をカバーするBL保険が得られます。

BLマーク証紙例

WEBカタログを見る

ファインマスターSB
外観意匠へのこだわり

外観部材見付(最前面見付)の4方を共通の20mmにすることで、スリムな統一感を強調しています。

スリムな支柱

支柱は見付22mmの細さにより、内観をスッキリとみせます。

取付工法が選択可能

躯体にあらかじめ形成された穴に手すり支柱補強を差し込み、無収縮モルタルで固定するボトルアンカー工法(先付け工法)と、躯体を振動ドリルなどにより穿孔し、寸切ボルト(アンカーボルト)をエポキシ系接着剤で固定するツーボルトアンカー工法(後付け工法)が選択できます。
それぞれの工法や躯体に合わせた専用設計部品を揃えており、安定した性能と安全な施工を可能にしています。


ファインマスターSC
コンパクトな笠木90mm

笠木の奥行きはファインマスターHB・SBなどの115mmに対して25mm小さく、コンパクトなデザインです。

スリムな支柱

支柱は見付22mmの細さにより、内観をスッキリとみせます。

取付工法が選択可能

躯体にあらかじめ形成された穴に手すり支柱補強を差し込み、無収縮モルタルで固定するボトルアンカー工法(先付け工法)と、躯体を振動ドリルなどにより穿孔し、寸切ボルト(アンカーボルト)をエポキシ系接着剤で固定するツーボルトアンカー工法(後付け工法)が選択できます。
それぞれの工法や躯体に合わせた専用設計部品を揃えており、安定した性能と安全な施工を可能にしています。


ファインマスターMB
逆梁アウトフレーム工法に適した設計

逆梁躯体への取り付けに適したミドルサイズのタイプです。


ファインスリムSB
よりスリムな外観の「ガラスSlimタイプ」

たて枠は見付26mmの細さにより、外観をスッキリとみせます。

コンパクトな笠木90mm

笠木の奥行きが小さく、コンパクトなデザインです。

取付工法が選択可能

躯体にあらかじめ形成された穴に手すり支柱補強を差し込み、無収縮モルタルで固定するボトルアンカー工法(先付け工法)と、躯体を振動ドリルなどにより穿孔し、寸切ボルト(アンカーボルト)をエポキシ系接着剤で固定するツーボルトアンカー工法(後付け工法)が選択できます。
それぞれの工法や躯体に合わせた専用設計部品を揃えており、安定した性能と安全な施工を可能にしています。

商品バリエーション

デザインバリエーション

ファインマスター

HB 手すり子 手すり子
ガラス ガラス
CB 手すり子 手すり子
ガラス ガラス
SB 手すり子 手すり子
ガラス ガラス
SC 手すり子 手すり子
ガラス ガラス
トップレール トップレール
MB ガラス ガラス

ファインスリム

SB 手すり子 手すり子
ガラス ガラス
ガラスSlim ガラスSlim
カラーバリエーション

カラーバリエーションは5色を基本に、本体と目地ラインそれぞれを組み合わせできます。

SLC
SLC
SLC
BkC
SC
SC
KC
KC
UC
UC

(カラーサンプル帳については、当社支店・営業所にお問い合わせください)

ページトップへ