押出成型セメント板納まり専用枠 ECP60用枠タイプ(MTG-70)

ECP60用枠タイプ(MTG-70)

シーリング作業の軽減と安定した
水密性能(W-5)を確保する
乾式二次シール工法専用枠

外壁工事は異業種が混在するため、個々の水密性能をトータル的に満足するためには、ジョイント部(取合い部)での水密性能確保・安定化が課題でした。当社ECP60用枠タイプは、ECP(押出成形セメント板)本体を含めた外壁全体において乾式二次シール工法を採用されるケースでの開口部として、ECP協会と共同で取合い部の標準化と水密性能の安定化を図ったECP納まり専用枠です。

特長

ECP専用枠で安定した水密性能(W-5)を確保

サッシ納まり取合い部標準化と水密性の確保・安定化を実現するECP納まりの専用枠で個々の性能を十分に引き出すことができます。

Point 1 乾式二次シール工法の採用

ガスケットを使用することにより、内部防水シール作業の軽減化と、サッシの押出成形セメント板との取合い部性能の安定化を実現します。

Point 2 豊富な窓種に対応
専用の補助枠にて、MTG-70のほとんどの窓種が使用可能です。但し、かまちドア、フラッシュドア、採風ドア、自由開きドア、引戸、FIXスクリーンの下枠部納まりについては、下記の使用例とは異なります。また、排煙窓についてはオペレーターは露出型となります。

MTG-70 FIX窓使用例

性能仕様

低層から中層までの幅広い用途の建物に対応
対応サッシ 耐風圧性 気密性 水密性
MTG-70 S-6 A-4 W-5

※サッシ全体の性能はMTG-70各窓種に準ずる。

※対応色はMTG-70各窓種に準ずる。

ページトップへ